Audio Unit によるリアルタイム・タイムストレッチ(2. タイムストレッチ)

今回はタイムストレッチの処理を行う実装の説明を行います。 前回の prepareAUGraph 関数を追記/修正することになります。 「2. AUNodeの作成」において、componentSubType が kAudioUnitSubType_AUiPodTimeOther の AUNode を追加することで、タイムストレッチの処理を行うことができます。 「5. Nodeの接続」は以下のようになります。 AUConverter -> AUiPodTimeOther -> Remote IO タ…続きを読む

Audio Unit によるリアルタイム・タイムストレッチ(1. 準備)

Audio Unit によるリアルタイムにタイムストレッチを行う方法を説明していきます。 タイムストレッチとは、音程を保ったまま再生速度を変える処理です。AUGraph(Audio Unit を複数接続するサービス)に含まれる機能を用いて、リアルタイム・タイムストレッチを実現することができます。 以下のアプリで実現していますので、よかったら試してみてください。 Time Stretcher – Realtime Time Stretch 今回は準備編ということで、オーディオファイルを…続きを読む

Arduino入門

8/18に北海道大学で行われたメディアアートをメインとしたミーティングにて、タイトルの内容でお話する機会をいただきました。 ArduinoとPCをシリアル(USB)で接続することを前提としたため、Arduino側のプログラムは StandardFirmata をインストールしておくことになります。 PC側のプログラミング環境として、以下を例として実際に動作させるまでの概要を資料にまとめました。 ・Processing ・openFrameworks ・Max / PureData 当日のミ…続きを読む